水素水 効果なし セブンウォーター

水素水 効果なし セブンウォーター

hatena

 

水素水って効果なしって騒がれていますが実際はどうなのでしょうか?

 

水素水の中にも色々とあり、実際の効果に違いなどもあるのか分からない状況で水素水を購入するのも難しいですよね。

 

それにどの水素水を選べばよいのかもわかりません。

 

セブンウォーターは高濃度水素水なのでおすすめなどの情報もみたことがありますが、実際水素水って効果なしって話が多く飛び交っています。

 

水素水が効果なしと騒がれる理由としては、やはり医薬品として認可されていないためってのが大きいと思います。

 

でもセブンウォーターの販売ページには医学士が紹介しているし、実際はどうなんでしょうか。

 

このサイトでは、水素水やセブンウォーターが効果なし?ってところについて色々とお話をしていきたいと思います。

 

水素水とは、水に水素がまじっているものであり、その飽和濃度は1.6ppmとされていますが、セブンウォーターは7.0ppmもあるのです。

 

太田教授の書籍っからすると、人間が水素水の効果を体感するには0.8ppm以上の濃度があるほうが望ましいとされています。

 

つまり水素水の効果なしとされる理由の一つとしては、この条件以下だったってこともありえますね。

 

水素水は2007年に日本での研究結果が医学士ネイチャーメディシンに掲載されてから世界でも研究がすすみ、すでに400もの論文が発表されたり、臨床試験も行なわれています。

 

専門家の意見でも水素水は、ありえないスピードでドンドンと研究が進んでいるのです。

 

臨床試験など人間がかかわることは、普通相当な可能性を秘めていないとできないものですが、それがここ何年間ですごい速さで行なわれているとのことです。

 

こういったことから水素水は現時点では医薬品と行政が認めていないから、効果があるとは言えない状況なのです。

 

効果があると言えないってことは水素水は効果なしってことだと判断して、そういった話が出回っている状況ともいえるでしょう。

 

では、セブンウォーターのように高濃度な水素水がおすすめなのか?
こういったことについてフォーカスしていきたいと思います。